春ヒドリ 1

ヒドリガモは、晩春、時には初夏まで残っていることが多い冬の水鳥である。

resize18366.jpg




resize18365.jpg




resize18364.jpg




resize18363.jpg




resize18368.jpg




resize18369.jpg


よく川の土手に集団で登って食事している。

resize18370.jpg




resize18371.jpg




resize18373.jpg




resize18372.jpg


野のヒタキ 3

タチヤナギの枝が、すっかり緑に包まれた頃のノビタキ。

1804nobi-27.jpg




1804nobi-26.jpg




1804nobi-28.jpg




1804nobi-30.jpg




1804nobi-32.jpg




1804nobi-33.jpg




1804nobi-35.jpg




1804nobi-36.jpg



河川敷にいるスズメも、やはりよく葦に縦とまりしている。
元々こんなとまり方をしてきたのかもしれないが、なんだか鳥たちは互いに影響し合って
いるように、私には思えるのだった。

1804yanagityun-03.jpg




1804yanagityun-01.jpg

ツグミの岸辺 2

ツグミの近くによくいるカワラヒワ。川はたっぷりとした水量。

1804kawarahiwa-02.jpg




1804kawarahiwa-01.jpg



ジョウビタキも河岸の大切なメンバー。

1803jyobi-01.jpg





1803jyobi-02.jpg





1803jyobi-03.jpg





1803jyobi-04.jpg



萌え出づるタチヤナギの芽。

1804tugumi-02.jpg





1804tugumi-03.jpg

ツグミの岸辺 1

ツグミもまた、春遅くまでのんびり残っている冬鳥である。

1801tugumi-01.jpg




1801tugumi-02.jpg




1803tugumi-01.jpg




1803tugumi-02.jpg




1803tugumi-03.jpg



同時期、早春のカワラヒワ。

1803kawarahiwa-01.jpg




1803kawarahiwa-02.jpg




1804tugumi-01.jpg




1804tugumi-08.jpg




1804tugumi-09.jpg

野のヒタキ 1

ノビタキは、春と秋の期間限定だが、河岸の大切なメンバー。

1804nobi-01.jpg




1804nobi-02.jpg




1804nobi-03.jpg




1804nobi-06.jpg




1804nobi-07.jpg




1804nobi-08.jpg




1804nobi-09.jpg




1804nobi-10.jpg




1804nobi-12.jpg




1804nobi-11.jpg

ホシハジロの春 1

1801hosihajiro-01.jpg




1803hosihajiro-02.jpg




1803hosihajiro-07.jpg




1803hosihajiro-05.jpg




1803hosihajiro-08.jpg




1803hosihajiro-09.jpg




1803hosihajiro-10.jpg




1803hosihajiro-11.jpg




1803hosihajiro-38.jpg



単独で寝ている事が多かった♀。

1803hosihajiro-22.jpg




1803hosihajiro-13.jpg

キンクロハジロ 冬~春 2

1803kinkuro-10.jpg




1803kinkuro-11.jpg




1803kinkuro-12.jpg





1803kinkuro-14.jpg




1803kinkuro-15.jpg




1804kinkuro-01.jpg




1804kinkuro-02.jpg




1804kinkuro-03.jpg




1804kinkuro-04.jpg

冬の水鳥キンクロハジロ。
桜が咲いて散り、柳が芽吹いてその綿毛が漂う頃になっても、まだ渡らず残っているものも多い。

メジロ 3

メジロの画像をもう少し。

1801meji-30.jpg




1801meji-43.jpg




1801meji-44.jpg




1801meji-39.jpg




1801meji-41.jpg



この冬、記録的な大雪になった大寒波が襲来し始めた頃。
四方八方から吹き付ける粉雪に、テラスの屋根下の餌籠にも、すぐ雪が積もった。

1801mejiyuki-01.jpg




1801mejiyuki-02.jpg




1801mejiyuki-03.jpg




1801mejiyuki-04.jpg




1801mejiyuki-05.jpg

キンクロハジロ-金黒羽白

冬の川の常連キンクロハジロ。近年数が減っている。
黒い頭に金色の目をしているから、こんな名が付いたのだろう。
「はじろ」は、翼の一部が白いカモのことらしい。

1801kinkuro-01.jpg




1801kinkuro-06.jpg




1801kinkuro-04.jpg




1801kinkuro-05.jpg




1801kinkuro-07.jpg



全身茶色っぽい♀。お腹は白い。

1801kinkuro-09.jpg




1801kinkuro-10.jpg




1801kinkuro-12.jpg




1801kinkuro-14.jpg




1801kinkuro-13.jpg


ウグイス

1801ugu-02.jpg



昔からこの庭はウグイスの縄張りになっていて、真夏以外はよく声が聞こえたが、
冬の間熱心にみかんを食べていたウグイスは、この春は姿を消して、我が家の庭どころか
周囲のかなり広範囲にも気配がなく、ついに囀りは一度も聞かれなかった。

1801ugu-04.jpg




1801ugu-03.jpg




1801ugu-06.jpg




1801ugu-07.jpg




1801ugu-08.jpg




1801ugu-01.jpg




1801mejiugu-04.jpg




1801mejiugu-06.jpg




1801mejiugu-07.jpg


  縁側のペアガラス越しに撮っているので、反射光が入っています。

冬の庭鳥

冬の庭の主要メンバーは、小鳥レストランの常連である。
ちょっと怖がりのヒヨドリは、桜の花が咲く頃まで来ていた。

1801hiyo-01.jpg




1801hiyo-04.jpg




1801hiyo-03.jpg




1801hiyo-02.jpg




1801hiyo-05.jpg



冬季だけではなく、夏、ヒナが巣立ったら連れて見せに来てくれるシジュウカラ。

1801tupi-01.jpg




1801tupi-02.jpg




1801tupi-03.jpg



大雪の時期、穀物かごに殺到するスズメたち。

1801niwasuzu-01.jpg



みかん大好き、メジロとウグイス。

1801mejiugu-08.jpg




1801mejiugu-03.jpg




1801mejiugu-02.jpg

雪中無題 1

風薫る新緑の季節になりましたが、時を遡り、雪の造形を今しばし。

1801ikeyuki-14.jpg




1801ikeyuki-13.jpg




1801ikeyuki-12.jpg




1801ikeyuki-11.jpg




1801ikeyuki-04.jpg




1801ikeyuki-09.jpg




1801ikeyuki-05.jpg




1801ikeyuki-10.jpg

プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・