キアシシギ長逗留

ほとんどのシギ、チドリは、日本で越冬も繫殖もしない、渡りの途中で一時期立ち寄る
旅鳥である。このキアシシギもしかり。
初夏、川の下流域からわりと上流まで、群でやって来ることもある。
大抵は同じ場所に一週間も滞在しないが、今年はある中州に約1ヶ月逗留していた。

1705kiasi-05.jpg




1705kiasi-04.jpg




1705kiasi-03.jpg




1705kiasi-02.jpg




1705kiasi-01.jpg




1705kiasi-08.jpg




1705kiasi-09.jpg




1705kiasi-11.jpg




1705kiasi-12.jpg




1705kiasi-13.jpg

チュウサギ優雅

1704tyu-01.jpg




1704tyu-02.jpg




1704tyu-03.jpg



チュウサギの優雅な求愛。相手の羽を優しくなでる。

1704tyu-04.jpg




1704tyu-05.jpg




1704tyu-06.jpg




1704tyu-07.jpg



「良かったら、これから巣作りしましょ。」

1704tyu-08.jpg




1704tyu-09.jpg

コサギふわり

1704kosatati-01.jpg




1704kosatati-02.jpg




1704kosa-02.jpg




1704kosa-01-2.jpg




1704kosatati-03.jpg




1704mizubekosa-01.jpg




1704mizubekosa-02.jpg




1704mizubekosa-04.jpg




1704mizubekosa-03.jpg



チュウサギと。

1704colony-06.jpg

ゴイサギの木

コロニーで、いち早くカップルになって巣作りをはじめるのがゴイサギ。
水辺のサギなのに、高い所がお気に入りらしい。
シラサギ類ほど目立たないが、ディスプレイや求愛の仕草も見られる。

1704colony-04.jpg




1704colony-02.jpg




1704goisu-01.jpg




1704goisu-03.jpg




1704goisu-04.jpg




1704goisu-05.jpg




1704goisu-06.jpg




1704goisu-07.jpg




1704colony-09.jpg

ダイサギの木

私が観察している河川敷のサギコロニーは高い木が少ないので、ダイサギはあまり営巣しない。
サギたちが集まり始めたある日、一日だけ、ダイサギがコロニー近くの高い木にすずなりになっていた。

1704dai-07.jpg




1704dai-06.jpg




1704dai-04.jpg




1704dai-02.jpg



コサギも混じっていた。

1704kosa-03.jpg




1704kosa-04.jpg




1704dai-05.jpg

サギの集合

何度かの様子見の後、ゴイサギが集まったのは、いつものコロニーから少し離れた木立だった。

1704syugo-01.jpg




1704syugo-02.jpg




翌日には、コサギやチュウサギも本格的に集まり始め、ここが今年のコロニーとしてスタート。

1704goi-02.jpg




1704syugo-04.jpg




1704syugo-03.jpg




1704kosa-07.jpg




1704kosa-05.jpg




1704kosa-06.jpg



水辺のチュウダイサギ。

1704dai-01.jpg

サギの様子見

サギたちは、本格的なコロニーを開始する前、何度も様子見に訪れる。
コサギ、春めいてきた川で。

1704kosa-01.jpg



ゴイサギ。奥はアオサギ若。

1704goi-01.jpg



去年のコロニーの木立にとまったサギたち。

1704yousumi-01.jpg





1704yousumi-02.jpg



チュウサギ。

1704yousumi-03.jpg





1704yousumi-04.jpg



眩しい日差しの中のコサギたち。

1704yousumi-05.jpg




1704yousumi-06.jpg





1704yousumi-07.jpg





1704yousumi-08.jpg


路傍のコチドリ

コチドリは小石の間に卵を産むので、道端や駐車場など、危なっかしい場所がよく産卵場所になる。

1705kotidori-01.jpg




1705kotidori-02.jpg




1705kotidori-03.jpg



こんな工事車両が通る所、物色してはいけません。

1705kotidori-04.jpg




1705kotidori-06.jpg




1705kotidori-07.jpg




1705kotidori-08.jpg




1705kotidori-09.jpg

セイタカシギがやって来た 1

今までいたとは聞いたことがない水田に、この春セイタカシギがやって来た!
たった1日の滞在だった。

1704seitaka-16.jpg





1704seitaka-15.jpg





1704seitaka-14.jpg





1704seitaka-13.jpg





1704seitaka-17.jpg





1704seitaka-12.jpg





1704seitaka-18.jpg





1704seitaka-19.jpg

水田のイソシギ

日頃は川辺にいるイソシギ。田植えのため水が張られた水田に出張して来た。
この時期限定のご馳走が沢山。

1704isosigi-01.jpg




1704isosigi-02.jpg




1704isosigi-03.jpg




1704isosigi-04.jpg




1704isosigi-05.jpg




1704isosigi-06.jpg




1704isosigi-07.jpg




1704isosigi-08.jpg




1704isosigi-09.jpg




1704isosigi-10.jpg

春の田の主、ケリ

田植えの準備に入った水田のケリ。

1704keri-05.jpg




1704keri-01.jpg




1704keri-02.jpg




1704keri-06.jpg




1704keri-04.jpg




1704keri-10.jpg




1704keri-08.jpg




1704keri-09.jpg




1704keri-11.jpg




1704keri-12.jpg

ジョウビタキ 3

1704jyobi-28.jpg



呼んだらわざわざ出てきてくれた仲良しのジョウビタキ♂が旅立った後、
同じ場所に、しばらく別のジョウビタキ♂が2羽滞在した。

1704jyobi-30.jpg




1704jyobi-39.jpg



かれらも旅立った後に現れたのは、愛くるしいジョウビタキ♀。

1704jyobi-34.jpg




1704jyobi-37.jpg




1704jyobi-35.jpg




1704jyobi-36.jpg



別個体、別の場所で。

1704jyobi-31.jpg

ジョウビタキ 1

春先、仲良くしてくれたジョウビタキ♂。

1704jyobi-26.jpg




1704jyobi-22.jpg




1704jyobi-18.jpg




1704jyobi-24.jpg




1704jyobi-29.jpg




1704jyobi-11.jpg




1704jyobi-13.jpg




1704jyobi-14.jpg




1704jyobi-15.jpg

水鳥、春の川で 2

カワアイサも連休の頃まで少数が残っていた。

1704kawaisa-08.jpg



秋、カワアイサが川にやって来た頃は♀が多く、それから次第に♂が増えるが、
冬の終り♂が減っていき、また♀ばかりになる。
春の陽光でくつろぐ、いまや少数派になった♂。

1704kawaaisa-01.jpg




1704kawaisa-02.jpg




1704kawaisa-03.jpg




1704kawaisa-04.jpg




1704kawaisa-05.jpg




1704kawaisa-06.jpg




1704kawaisa-07.jpg




1704kawaisa-09.jpg

水鳥、春の川で 1

春遅くまで川に残っている水鳥たち。 ホシハジロ。

1704hosihajiro-01.jpg



1704hosihajiro-03.jpg




1704hosihajiro-02.jpg



いつもヨシガモに会う時は逆光が多く、♂の緑の頭のきらめきがなかなか見られない。

1704yosigamo-01.jpg




1704yosigamo-02.jpg




1704yosigamo-03.jpg




1704yosigamo-04.jpg




1704yosigamo-06.jpg




春先、しばらくだけ滞在していたシマアジ。

1704simaji-01.jpg




1704simaji-02.jpg




1704simaji-04.jpg




1704simaji-05.jpg

ラッコポーズ

桜が咲いて散り、新緑が川辺を包む頃になっても、まだのんびり残っている
冬の水鳥キンクロハジロとホシハジロ。

1704kinkuro-09.jpg




春になって、お腹を上にして羽づくろいするお馴染みのラッコポーズが
頻繁に見られるようになった。

1704kinkuro-12.jpg




1704kinkuro-11.jpg




1704kinkuro-08.jpg




1704kinkuro-01.jpg




1704kinkuro-02.jpg




1704kinkuro-03.jpg




1704kinkuro-04.jpg




1704kinkuro-06.jpg




1704kinkuro-07.jpg

ノビタキと花、新芽・・

オオジュリンには、桜の花芽がまだ堅いうちから花びらが散って消えるまで
わりと長く川辺の叢で活動しているが、その時期に現れるノビタキの短い季節がはさまれる。

resize15753.jpg




resize15751.jpg




resize15752.jpg




resize15750.jpg



花開く。

resize15756.jpg




1704hanamuku-02.jpg




resize15754.jpg




resize15755.jpg



萌え出づるタチヤナギの緑。

resize15761.jpg




resize15762.jpg

プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・