雪すずめ 4

地上にはまだまだ雪が深く残っているが、樹上や屋根の雪は一旦消えた。

resize17344.jpg



やれやれと、一息つけて、うとうとしている様子。

resize17343.jpg



納屋の屋根でくつろぐ。

resize17348.jpg




resize17349.jpg




resize17350.jpg




resize17358.jpg




resize17360.jpg




resize17361.jpg




resize17364.jpg




resize17351.jpg

頑張って大雪を乗り越えたスズメたち。しかしこの後すぐに、大寒気団が日本列島を襲ったのだった。

雪すずめ 3

大雪の後、久々の日差しが挿す屋根の上で。

resize17322.jpg




resize17323.jpg




resize17330.jpg




resize17331.jpg




resize17332.jpg




resize17333.jpg




resize17336.jpg




resize17337.jpg




resize17338.jpg




resize17340.jpg

雪すずめ 2

四方から吹き付けるように降りしきる雪の中、
雪に埋もれるように屋根に集まったスズメたち。
 
resize17314.jpg




resize17316.jpg




ヒヨも雪の中。

resize17320.jpg




resize17307.jpg




resize17308.jpg





翌日は晴。久しぶりに青空がのぞいた。60cm以上積もった雪はそのまま。

resize17328.jpg




resize17326.jpg




resize17327.jpg




resize17335.jpg




resize17324.jpg

雪すずめ 1

サギコロニーの記録など、夏のデーターがまだ中途半端なままですが、
ここ数日間のひどい寒波、数年ぶりの大雪に見舞われた街で、
必死に日々を過ごしているスズメたちを、緊急リポートします。

雪で覆われていなければ、冬枯れの梢にヒヨ等と一緒にとまっている。

resize17310.jpg




resize17311.jpg




resize17321.jpg



アンテナに集まる。

resize17312.jpg




resize17313.jpg



降りしきる雪の中、雪に埋もれた民家の屋根に集合。

resize17309.jpg




resize17303.jpg




resize17301.jpg




resize17316.jpg




resize17319.jpg

カルとヒナたち 2

数日見ないうちにだいぶ成長したカルガモのヒナたち。
川の護岸の石の間にそれぞれコトンと収まって、梅雨の合間の休息。

1707karuhina-06.jpg




1707karuhina-04.jpg




1707karuhina-05.jpg




1707karuhina-03.jpg




1707karuhina-02.jpg




1707karuhina-01.jpg




1707karuhina-09.jpg




1707karuhina-07.jpg




1707karuhina-08.jpg

カルとヒナたち 1

梅雨入り頃、川の方々でカルガモの親子連れが見られるようになった。
ただ、ヒナが小さいうちは親鳥がとても用心深く、天気が悪い日や薄暗くなった夕刻に
ようやく姿を現して、大急ぎで川を横断して行くことが多い。

1706karuhina-06.jpg




1706karuhina-07.jpg



夕方かなり暗くなってから出てきたヒナたち。
かなり遠く、デジタルズームなので少しボケています。

1706karuhina-02.jpg




1706karuhina-03.jpg




1706karuhina-04.jpg




1706karuhina-05.jpg



先の記事に載せた同じ親子。こちらは明るい時間帯でもわりと平気。
すぐ側の遊歩道を人がどんどん通るが、この子たちに気付いている者は案外少ない。

1706karuhina2-01.jpg




1706karuhina2-02.jpg




1706karuhina2-03.jpg

カルガモのちいさなヒナ

初夏。カルガモとまだ小さいヒナたち。

1706karuhina1-01.jpg




1706karuhina1-02.jpg




1706karuhina1-03.jpg




1706karuhina1-04.jpg




1706karuhina1-05.jpg




1706karuhina1-06.jpg




1706karuhina1-07.jpg




1706karuhina1-08.jpg

河岸のツバメ 1

ツバメのヒナは巣立っても、通常地面に降りることは滅多にないと言われる。
しかし私が日ごろ行き来している河岸には、毎年よくヒナたちがとまって
親鳥に給餌されている場所がある。

1705tubame-00.jpg




1705tubame-01.jpg




1705tubame-02.jpg




1705tubame-03.jpg




1705tubame-04.jpg




1705tubame-05.jpg



こちらは巣立ちビナが電線にとまって親鳥を待つオーソドックスな光景。

1706tubame-01.jpg




1706tubame-02.jpg

ムクとヒナ 2

河川敷の芝で。親鳥はヒナを見守りながら自由に遊ばせていて、時々餌を運んでいる。
可愛らしい様子なので、手振れ写真もそのまま載せます。

1706mukuhina-01.jpg




1706mukuhina-02.jpg




1706mukuhina-03.jpg




1706mukuhina-04.jpg




1706mukuhina-05.jpg




1706mukuhina-06.jpg




1706mukuhina-07.jpg




1706mukuhina-08.jpg




1706mukuhina-09.jpg

ムクとヒナ 1

1705muku2-01.jpg




1706muku2-03.jpg




1706muku2-08.jpg




1706muku2-07.jpg



ヒナのため、川原で餌取りをする親鳥。

1706muku2-01.jpg




1706muku2-02.jpg



抱卵が終わった?

1706muku2-06.jpg



6月に現れた幼鳥っぽい子。今年生まれだろうか?

1706muku2-04.jpg




1706muku2-05.jpg

庭のスズメたち

庭のスズメ保育園のスズメたち。 (まだ初夏の時期の写真が溜まっています。)

1705tyunhina-21.jpg




1705tyunhina-22.jpg




1705tyunhina-24.jpg




1705tyunhina-25.jpg




1705tyunhina-31.jpg


古い納屋の周囲が格好の休憩場。

1706tyunhina-19.jpg




1706tyunhina-20.jpg




1706tyunhina-21.jpg




1706tyunhina-22.jpg




1706tyunhina-23.jpg

スズメたち 2

河岸のスズメたち。

1705tyunhina-12.jpg




1705tyunhina-13.jpg




1705tyunhina-14.jpg



ヒナより親鳥の方が小さい。

1705tyunhina-15.jpg




1705tyunhina-20.jpg




1705tyunhina-16.jpg




1705tyunhina-17.jpg




1705tyunhina-19.jpg




1705tyunhina-18.jpg

スズメたち 1

庭のスズメヒナ。

1705tyunhina-01.jpg




1705tyunhina-02.jpg




1705tyunhina-03.jpg



河岸のスズメヒナたち。

1705tyunhina-10.jpg




1705tyunhina-11.jpg



川岸の潅木にとまって、うつらうつらするヒナ。
具合でも悪いのかと、心配だった。

1705tyunhina-05.jpg




1705tyunhina-06.jpg




1705tyunhina-09.jpg




1705tyunhina-07.jpg




1705tyunhina-08.jpg

キアシシギ長逗留

ほとんどのシギ、チドリは、日本で越冬も繫殖もしない、渡りの途中で一時期立ち寄る
旅鳥である。このキアシシギもしかり。
初夏、川の下流域からわりと上流まで、群でやって来ることもある。
大抵は同じ場所に一週間も滞在しないが、今年はある中州に約1ヶ月逗留していた。

1705kiasi-05.jpg




1705kiasi-04.jpg




1705kiasi-03.jpg




1705kiasi-02.jpg




1705kiasi-01.jpg




1705kiasi-08.jpg




1705kiasi-09.jpg




1705kiasi-11.jpg




1705kiasi-12.jpg




1705kiasi-13.jpg

サギの集合

何度かの様子見の後、ゴイサギが集まったのは、いつものコロニーから少し離れた木立だった。

1704syugo-01.jpg




1704syugo-02.jpg




翌日には、コサギやチュウサギも本格的に集まり始め、ここが今年のコロニーとしてスタート。

1704goi-02.jpg




1704syugo-04.jpg




1704syugo-03.jpg




1704kosa-07.jpg




1704kosa-05.jpg




1704kosa-06.jpg



水辺のチュウダイサギ。

1704dai-01.jpg

路傍のコチドリ

コチドリは小石の間に卵を産むので、道端や駐車場など、危なっかしい場所がよく産卵場所になる。

1705kotidori-01.jpg




1705kotidori-02.jpg




1705kotidori-03.jpg



こんな工事車両が通る所、物色してはいけません。

1705kotidori-04.jpg




1705kotidori-06.jpg




1705kotidori-07.jpg




1705kotidori-08.jpg




1705kotidori-09.jpg

セイタカシギがやって来た 1

今までいたとは聞いたことがない水田に、この春セイタカシギがやって来た!
たった1日の滞在だった。

1704seitaka-16.jpg





1704seitaka-15.jpg





1704seitaka-14.jpg





1704seitaka-13.jpg





1704seitaka-17.jpg





1704seitaka-12.jpg





1704seitaka-18.jpg





1704seitaka-19.jpg

水田のイソシギ

日頃は川辺にいるイソシギ。田植えのため水が張られた水田に出張して来た。
この時期限定のご馳走が沢山。

1704isosigi-01.jpg




1704isosigi-02.jpg




1704isosigi-03.jpg




1704isosigi-04.jpg




1704isosigi-05.jpg




1704isosigi-06.jpg




1704isosigi-07.jpg




1704isosigi-08.jpg




1704isosigi-09.jpg




1704isosigi-10.jpg

春の田の主、ケリ

田植えの準備に入った水田のケリ。

1704keri-05.jpg




1704keri-01.jpg




1704keri-02.jpg




1704keri-06.jpg




1704keri-04.jpg




1704keri-10.jpg




1704keri-08.jpg




1704keri-09.jpg




1704keri-11.jpg




1704keri-12.jpg

ジョウビタキ 3

1704jyobi-28.jpg



呼んだらわざわざ出てきてくれた仲良しのジョウビタキ♂が旅立った後、
同じ場所に、しばらく別のジョウビタキ♂が2羽滞在した。

1704jyobi-30.jpg




1704jyobi-39.jpg



かれらも旅立った後に現れたのは、愛くるしいジョウビタキ♀。

1704jyobi-34.jpg




1704jyobi-37.jpg




1704jyobi-35.jpg




1704jyobi-36.jpg



別個体、別の場所で。

1704jyobi-31.jpg

ジョウビタキ 1

春先、仲良くしてくれたジョウビタキ♂。

1704jyobi-26.jpg




1704jyobi-22.jpg




1704jyobi-18.jpg




1704jyobi-24.jpg




1704jyobi-29.jpg




1704jyobi-11.jpg




1704jyobi-13.jpg




1704jyobi-14.jpg




1704jyobi-15.jpg

水鳥、春の川で 2

カワアイサも連休の頃まで少数が残っていた。

1704kawaisa-08.jpg



秋、カワアイサが川にやって来た頃は♀が多く、それから次第に♂が増えるが、
冬の終り♂が減っていき、また♀ばかりになる。
春の陽光でくつろぐ、いまや少数派になった♂。

1704kawaaisa-01.jpg




1704kawaisa-02.jpg




1704kawaisa-03.jpg




1704kawaisa-04.jpg




1704kawaisa-05.jpg




1704kawaisa-06.jpg




1704kawaisa-07.jpg




1704kawaisa-09.jpg

水鳥、春の川で 1

春遅くまで川に残っている水鳥たち。 ホシハジロ。

1704hosihajiro-01.jpg



1704hosihajiro-03.jpg




1704hosihajiro-02.jpg



いつもヨシガモに会う時は逆光が多く、♂の緑の頭のきらめきがなかなか見られない。

1704yosigamo-01.jpg




1704yosigamo-02.jpg




1704yosigamo-03.jpg




1704yosigamo-04.jpg




1704yosigamo-06.jpg




春先、しばらくだけ滞在していたシマアジ。

1704simaji-01.jpg




1704simaji-02.jpg




1704simaji-04.jpg




1704simaji-05.jpg

ラッコポーズ

桜が咲いて散り、新緑が川辺を包む頃になっても、まだのんびり残っている
冬の水鳥キンクロハジロとホシハジロ。

1704kinkuro-09.jpg




春になって、お腹を上にして羽づくろいするお馴染みのラッコポーズが
頻繁に見られるようになった。

1704kinkuro-12.jpg




1704kinkuro-11.jpg




1704kinkuro-08.jpg




1704kinkuro-01.jpg




1704kinkuro-02.jpg




1704kinkuro-03.jpg




1704kinkuro-04.jpg




1704kinkuro-06.jpg




1704kinkuro-07.jpg

ノビタキと花、新芽・・

オオジュリンには、桜の花芽がまだ堅いうちから花びらが散って消えるまで
わりと長く川辺の叢で活動しているが、その時期に現れるノビタキの短い季節がはさまれる。

resize15753.jpg




resize15751.jpg




resize15752.jpg




resize15750.jpg



花開く。

resize15756.jpg




1704hanamuku-02.jpg




resize15754.jpg




resize15755.jpg



萌え出づるタチヤナギの緑。

resize15761.jpg




resize15762.jpg

オオジュリン

春浅い川辺でよく出会ったオオジュリンの写真を少し。まず成鳥♂。

1703ojyurin-10.jpg




1703ojyurin-09.jpg




1703ojyurin-07.jpg




1703ojyurin-02.jpg




1703ojyurin-03.jpg




♀タイプ。

1704ojyurin-01.jpg




1704ojyurin-02.jpg




1704ojyurin-03.jpg




1704ojyurin-05.jpg




1704ojyurin-09.jpg

プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・