路傍のコチドリ

コチドリは小石の間に卵を産むので、道端や駐車場など、危なっかしい場所がよく産卵場所になる。

1705kotidori-01.jpg




1705kotidori-02.jpg




1705kotidori-03.jpg



こんな工事車両が通る所、物色してはいけません。

1705kotidori-04.jpg




1705kotidori-06.jpg




1705kotidori-07.jpg




1705kotidori-08.jpg




1705kotidori-09.jpg

セイタカシギがやって来た 1

今までいたとは聞いたことがない水田に、この春セイタカシギがやって来た!
たった1日の滞在だった。

1704seitaka-16.jpg





1704seitaka-15.jpg





1704seitaka-14.jpg





1704seitaka-13.jpg





1704seitaka-17.jpg





1704seitaka-12.jpg





1704seitaka-18.jpg





1704seitaka-19.jpg

水田のイソシギ

日頃は川辺にいるイソシギ。田植えのため水が張られた水田に出張して来た。
この時期限定のご馳走が沢山。

1704isosigi-01.jpg




1704isosigi-02.jpg




1704isosigi-03.jpg




1704isosigi-04.jpg




1704isosigi-05.jpg




1704isosigi-06.jpg




1704isosigi-07.jpg




1704isosigi-08.jpg




1704isosigi-09.jpg




1704isosigi-10.jpg

春の田の主、ケリ

田植えの準備に入った水田のケリ。

1704keri-05.jpg




1704keri-01.jpg




1704keri-02.jpg




1704keri-06.jpg




1704keri-04.jpg




1704keri-10.jpg




1704keri-08.jpg




1704keri-09.jpg




1704keri-11.jpg




1704keri-12.jpg

ジョウビタキ 3

1704jyobi-28.jpg



呼んだらわざわざ出てきてくれた仲良しのジョウビタキ♂が旅立った後、
同じ場所に、しばらく別のジョウビタキ♂が2羽滞在した。

1704jyobi-30.jpg




1704jyobi-39.jpg



かれらも旅立った後に現れたのは、愛くるしいジョウビタキ♀。

1704jyobi-34.jpg




1704jyobi-37.jpg




1704jyobi-35.jpg




1704jyobi-36.jpg



別個体、別の場所で。

1704jyobi-31.jpg

ジョウビタキ 1

春先、仲良くしてくれたジョウビタキ♂。

1704jyobi-26.jpg




1704jyobi-22.jpg




1704jyobi-18.jpg




1704jyobi-24.jpg




1704jyobi-29.jpg




1704jyobi-11.jpg




1704jyobi-13.jpg




1704jyobi-14.jpg




1704jyobi-15.jpg

水鳥、春の川で 2

カワアイサも連休の頃まで少数が残っていた。

1704kawaisa-08.jpg



秋、カワアイサが川にやって来た頃は♀が多く、それから次第に♂が増えるが、
冬の終り♂が減っていき、また♀ばかりになる。
春の陽光でくつろぐ、いまや少数派になった♂。

1704kawaaisa-01.jpg




1704kawaisa-02.jpg




1704kawaisa-03.jpg




1704kawaisa-04.jpg




1704kawaisa-05.jpg




1704kawaisa-06.jpg




1704kawaisa-07.jpg




1704kawaisa-09.jpg

水鳥、春の川で 1

春遅くまで川に残っている水鳥たち。 ホシハジロ。

1704hosihajiro-01.jpg



1704hosihajiro-03.jpg




1704hosihajiro-02.jpg



いつもヨシガモに会う時は逆光が多く、♂の緑の頭のきらめきがなかなか見られない。

1704yosigamo-01.jpg




1704yosigamo-02.jpg




1704yosigamo-03.jpg




1704yosigamo-04.jpg




1704yosigamo-06.jpg




春先、しばらくだけ滞在していたシマアジ。

1704simaji-01.jpg




1704simaji-02.jpg




1704simaji-04.jpg




1704simaji-05.jpg

ラッコポーズ

桜が咲いて散り、新緑が川辺を包む頃になっても、まだのんびり残っている
冬の水鳥キンクロハジロとホシハジロ。

1704kinkuro-09.jpg




春になって、お腹を上にして羽づくろいするお馴染みのラッコポーズが
頻繁に見られるようになった。

1704kinkuro-12.jpg




1704kinkuro-11.jpg




1704kinkuro-08.jpg




1704kinkuro-01.jpg




1704kinkuro-02.jpg




1704kinkuro-03.jpg




1704kinkuro-04.jpg




1704kinkuro-06.jpg




1704kinkuro-07.jpg

ノビタキと花、新芽・・

オオジュリンには、桜の花芽がまだ堅いうちから花びらが散って消えるまで
わりと長く川辺の叢で活動しているが、その時期に現れるノビタキの短い季節がはさまれる。

resize15753.jpg




resize15751.jpg




resize15752.jpg




resize15750.jpg



花開く。

resize15756.jpg




1704hanamuku-02.jpg




resize15754.jpg




resize15755.jpg



萌え出づるタチヤナギの緑。

resize15761.jpg




resize15762.jpg

オオジュリン

春浅い川辺でよく出会ったオオジュリンの写真を少し。まず成鳥♂。

1703ojyurin-10.jpg




1703ojyurin-09.jpg




1703ojyurin-07.jpg




1703ojyurin-02.jpg




1703ojyurin-03.jpg




♀タイプ。

1704ojyurin-01.jpg




1704ojyurin-02.jpg




1704ojyurin-03.jpg




1704ojyurin-05.jpg




1704ojyurin-09.jpg

早春の鳥たち 2

ツグミと数珠つなぎになったムクドリ。

1703harutugumi-01.jpg




1703harumuku-01.jpg




1703harumuku-02.jpg




1703harumuku-03.jpg



オオジュリン。

1702ojyurin.jpg




1703ojyurin-05.jpg




1703ojyurin-04.jpg




1703ojyurin-11.jpg




1703ojyurin-12.jpg




1703ojyurin-13.jpg

早春の鳥たち 1

春になってからようやく会えた冬鳥がいる。 ノスリ。

1703nosuri-01.jpg



ハチジョウツグミ。

1703hatijyo-02.jpg




1703hatijyo-05.jpg




1703hatijyo-04.jpg



ミヤマホオジロ。 「長旅の途中、おなかが空いています。失礼してひたすら食べさせてもらいます。」

1703miyama-01.jpg




1703miyama-02.jpg




1703miyama-03.jpg




1703miyama-04.jpg




1703miyama-05.jpg




1703miyama-06.jpg

とりどりの鳥 3

この冬、庭に来ていた鳥たち。

1701meji-03.jpg




1702meji-01.jpg




1702meji-02.jpg



足先を痛めていたシジュウカラ。その後、傷は治ったようだ。

1701tupi-01.jpg




1701tupi-03.jpg



雪が積もった屋根の上のスズメたち。

1702tyun-03.jpg




1702tyun-04.jpg




1702tyun-05.jpg




1702tyun-02.jpg




1702tyun-01.jpg

とりどりの鳥 2

コゲラ。

1701kogera-01.jpg




1701kogera-02.jpg




久しぶりに会ったアオゲラ。

1702aogera.jpg




滅多に会えないベニマシコ。

1702benimasiko-01.jpg




1702benimasiko-04.jpg




いつ見ても和風な渋い色合いのシメ。

1702sime-05.jpg



とっぽりした体型が何だか可愛らしい。

1702sime-04.jpg




1702sime-03.jpg




1702sime-02.jpg




1702sime-01.jpg

とりどりの鳥 1

葉の無い枝に咲いた小鳥の花。 カワラヒワ。

1702kawarahiwa-01.jpg



エナガ。

1702enaga-03.jpg




1702enaga-01.jpg




1702enaga-02.jpg



アトリの群

1702atori-02.jpg




1702atori-01.jpg




1702atori-03.jpg




1702atori-04.jpg




1702atori-05.jpg




1702atori-06.jpg

賑わう冬の川 1

通年川にいるカルガモ。冷たい風に身を縮める。

1612karu-01.jpg



冬の川のメンバーが増えてくると楽しそう。
よく他の水鳥の保護者のような顔をしている。 コガモと。

1612karu-02.jpg



カルガモとマガモの交雑種。

1612karu-03.jpg




1612karu-04.jpg



マガモの♂、♀。

1612magamo-01.jpg




1612magamo-03.jpg




1612magamo-10.jpg



緑のマガモに赤のヒドリガモが混じる。

1612magamo-09.jpg




1612hidori-02.jpg




1612hidori-01.jpg

晩秋の河岸の鳥たち 2

渡って来て間もないカワアイサたち。♂は換羽中。

1611kawaisa-01.jpg




1611kawaisa-03.jpg




1611kawaisa-04.jpg



地味で小さくて、保護色で川原の小石と同化しているイカルチドリ。
珍しく近い場所に大勢いた。冬越しのため集まっているらしい。

1611ikaruti-01.jpg




1611ikaruti-02.jpg




1611ikaruti-06.jpg




1611ikaruti-07.jpg




1611ikaruti-08.jpg



ツグミも仲間に加わった。

1611ikaruti-09.jpg




1611ikaruti-04.jpg

晩秋の河岸の鳥たち 1

1611kagan-11.jpg





1611kagan-10.jpg





1611kagan-09.jpg





1611aowaka-02.jpg




夏のチュウダイサギに替わって、シベリアから渡って来た大ダイサギ。

1611kagandai-01.jpg





1611kagandai-02.jpg





1611kanmuri-01.jpg





1611kawagarasu-01.jpg

晩秋の庭

古い納屋の屋根にお行儀よく並ぶスズメたち。

16akisuzumei-11.jpg




16akisuzumei-10.jpg




16akisuzumei-09.jpg




16akisuzumei-08.jpg




16akitupi-02.jpg




16akitupi-01.jpg




16akitupi-03.jpg




16akisuzumei-14.jpg




16akisuzumei-15.jpg

ムクドリの飛翔とオナガ

ムクドリの群の飛翔、続きです。

16akimuku-07.jpg




16akimuku-08.jpg




16akimuku-09.jpg




16akimuku-10.jpg




16akimuku-11.jpg



オナガ幼鳥・夏。

16natuonaga-01.jpg




16natuonaga-02.jpg



秋のオナガ。

16onaga-01.jpg


これからしばらく、ハンス・カストルプ生活に入ります。戻ったらまたお会いしましょう。

ムクが集まる季節

夏にまだこんな幼い子が多かったムクドリ。
そんなムクドリが秋から冬にかけ、大集結するようになる。

16natumuku-01.jpg




16akimuku-12.jpg



大群で飛び回るムクドリ。

16akimuku-01.jpg




16akimuku-02.jpg




16akimuku-03.jpg




16akimuku-04.jpg




16akimuku-05.jpg




16akimuku-06.jpg

秋空・夕

沈む陽が、地平から上空に向かって投げかけた光 ― 光芒。

16akisorayu1-05.jpg




16akisorayu1-06.jpg



夕日から少し離れた所に現れた彩雲(右下方)。 ― 幻日。

16akisorayu1-13.jpg




16akisorayu1-11.jpg




16akisorayu1-14.jpg




16akisorayu1-04.jpg




16akisorayu1-03.jpg




16akisorayu1-01.jpg




16akisorayu1-02.jpg

スズメとキジバト

スズメ保育園のスズメたち。

1607suzume-06.jpg




1607suzume-07.jpg


親子?

1607suzume-09.jpg




1607suzume-08.jpg



シジュウカラの幼鳥が、合間をぬってヒマワリの種を食べに来る。
この日は虫か何かを捕まえたようだ。

1608tupi-01.jpg



スズメが集まるので、つられてキジバトまでやって来るようになった。
お隣の槙の木に3羽。上の枝の立派な成鳥はお父さんぽい。

1608kijibato-07.jpg



下の枝の2羽。

1608kijibato-06.jpg



左は子供だろうか?首の青線がまだ薄く、頭部に班がある。

1608kijibato-02.jpg




1608kijibato-04.jpg




1608kijibato-05.jpg

スズメの保育園

庭ではかって冬季だけの小鳥のレストランを開設していたが、シジュウカラがいつまでも砕いたクルミを
食べに来るので、1年中餌籠をひとつだけ残しておくようになった。
そのうちスズメもやって来て、籠からクルミや穀物を一粒持ち出してはお隣の木の上でヒナに食べさせている。

1607suzume-01.jpg




1607suzume-04.jpg




1607suzume-02.jpg




1607suzume-03.jpg



スズメの来訪は次第に頻繁になり、数も増え、しまいには巣立ちビナだらけになってしまった。
我が家のこの夏の庭は、まるでスズメの保育園のようである。
古い納屋の屋根で順番待ち。

1607suzume-10.jpg




1607suzume-11.jpg




1607suzume-05.jpg




1607suzume-13.jpg



お腹いっぱい?

1607suzume-12.jpg


プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・