野のヒタキ 1

ノビタキは、春と秋の期間限定だが、河岸の大切なメンバー。

1804nobi-01.jpg




1804nobi-02.jpg




1804nobi-03.jpg




1804nobi-06.jpg




1804nobi-07.jpg




1804nobi-08.jpg




1804nobi-09.jpg




1804nobi-10.jpg




1804nobi-12.jpg




1804nobi-11.jpg

ホシハジロの春 1

1801hosihajiro-01.jpg




1803hosihajiro-02.jpg




1803hosihajiro-07.jpg




1803hosihajiro-05.jpg




1803hosihajiro-08.jpg




1803hosihajiro-09.jpg




1803hosihajiro-10.jpg




1803hosihajiro-11.jpg




1803hosihajiro-38.jpg



単独で寝ている事が多かった♀。

1803hosihajiro-22.jpg




1803hosihajiro-13.jpg

キンクロハジロ 冬~春 2

1803kinkuro-10.jpg




1803kinkuro-11.jpg




1803kinkuro-12.jpg





1803kinkuro-14.jpg




1803kinkuro-15.jpg




1804kinkuro-01.jpg




1804kinkuro-02.jpg




1804kinkuro-03.jpg




1804kinkuro-04.jpg

冬の水鳥キンクロハジロ。
桜が咲いて散り、柳が芽吹いてその綿毛が漂う頃になっても、まだ渡らず残っているものも多い。

メジロ 3

メジロの画像をもう少し。

1801meji-30.jpg




1801meji-43.jpg




1801meji-44.jpg




1801meji-39.jpg




1801meji-41.jpg



この冬、記録的な大雪になった大寒波が襲来し始めた頃。
四方八方から吹き付ける粉雪に、テラスの屋根下の餌籠にも、すぐ雪が積もった。

1801mejiyuki-01.jpg




1801mejiyuki-02.jpg




1801mejiyuki-03.jpg




1801mejiyuki-04.jpg




1801mejiyuki-05.jpg

キンクロハジロ-金黒羽白

冬の川の常連キンクロハジロ。近年数が減っている。
黒い頭に金色の目をしているから、こんな名が付いたのだろう。
「はじろ」は、翼の一部が白いカモのことらしい。

1801kinkuro-01.jpg




1801kinkuro-06.jpg




1801kinkuro-04.jpg




1801kinkuro-05.jpg




1801kinkuro-07.jpg



全身茶色っぽい♀。お腹は白い。

1801kinkuro-09.jpg




1801kinkuro-10.jpg




1801kinkuro-12.jpg




1801kinkuro-14.jpg




1801kinkuro-13.jpg


ウグイス

1801ugu-02.jpg



昔からこの庭はウグイスの縄張りになっていて、真夏以外はよく声が聞こえたが、
冬の間熱心にみかんを食べていたウグイスは、この春は姿を消して、我が家の庭どころか
周囲のかなり広範囲にも気配がなく、ついに囀りは一度も聞かれなかった。

1801ugu-04.jpg




1801ugu-03.jpg




1801ugu-06.jpg




1801ugu-07.jpg




1801ugu-08.jpg




1801ugu-01.jpg




1801mejiugu-04.jpg




1801mejiugu-06.jpg




1801mejiugu-07.jpg


  縁側のペアガラス越しに撮っているので、反射光が入っています。

冬の庭鳥

冬の庭の主要メンバーは、小鳥レストランの常連である。
ちょっと怖がりのヒヨドリは、桜の花が咲く頃まで来ていた。

1801hiyo-01.jpg




1801hiyo-04.jpg




1801hiyo-03.jpg




1801hiyo-02.jpg




1801hiyo-05.jpg



冬季だけではなく、夏、ヒナが巣立ったら連れて見せに来てくれるシジュウカラ。

1801tupi-01.jpg




1801tupi-02.jpg




1801tupi-03.jpg



大雪の時期、穀物かごに殺到するスズメたち。

1801niwasuzu-01.jpg



みかん大好き、メジロとウグイス。

1801mejiugu-08.jpg




1801mejiugu-03.jpg




1801mejiugu-02.jpg

ホオジロガモ 2

いつも「わが道を行く」と、単独行動で潜ってばかりだったホオジロガモ♀。
たまにはステキな羽づくろいの様子も見せてくれた。

1801hojorokamo-05.jpg




1801hojorokamo-06.jpg




1801hojorokamo-07.jpg




1801hojorokamo-10.jpg




1801hojorokamo-11.jpg




1801hojorokamo-12.jpg




1801hojorokamo-13.jpg




1801hojorokamo-14.jpg




1801hojorokamo-15.jpg

ホオジロガモ 1

小さくて地味なホオジロガモ♀。 この冬この川に常住していたのは、この子だけだった。

1801hojorokamo-01.jpg




1801hojorokamo-02.jpg




1801hojorokamo-03.jpg



強風で逆流している川面で揺られて。

1712hojorokamo-01.jpg




1712hojorokamo-02.jpg




1712hojorokamo-03.jpg




1712hojorokamo-04.jpg




1712hojorokamo-05.jpg

カワウの木、カワウの水辺

冬季、カワウが塒にしている木にて。

1712kawau-01.jpg




1712kawau-03.jpg




1712kawau-02.jpg



ポーズを決める若いカワウ。

1712kawau-07.jpg




1712kawau-09.jpg




1712kawau-08.jpg




1712kawau-05.jpg




1712kawau-06.jpg




1712kawau-11.jpg




1712kawau-12.jpg




1712kawau-13.jpg

ミコアイサの遠足 3

カワアイサ♀と。

1712m-aisa-01.jpg





1712mikoaisa-32.jpg



一緒に羽づくろい。

1712mikoaisa-29.jpg




1712mikoaisa-30.jpg




1712mikoaisa-31.jpg



ホオジロガモは嘴の先端が黄色い方(右)が♀。
もう1羽はまだ白黒になっていない♂の若らしい。

1712m-aisa-02.jpg




1712m-aisa-07.jpg




1712m-aisa-08.jpg





1712mikoaisa-24.jpg




1712mikoaisa-26.jpg




1712mikoaisa-24.jpg




1712mikoaisa-28.jpg




1712mikoaisa-34.jpg

ミコアイサの遠足 2

カンムリカイツブリと。

1712mikoaisa-08.jpg




1712mikoaisa-09.jpg




1712mikoaisa-12.jpg




1712mikoaisa-13.jpg




1712mikoaisa-14.jpg




1712mikoaisa-18.jpg




1712mikoaisa-19.jpg




1712mikoaisa-21.jpg




1712mikoaisa-22.jpg




1712mikoaisa-23.jpg

ミコアイサの遠足 1

ミコアイサは川のもっと下流に隠れているが、たまにかなり上流までやって来ることがある。
冬の初めのこの日は、ホオジロガモ、カンムリカイツブリと一緒に行動していた。

1712mikoaisa-01.jpg




1712mikoaisa-04.jpg




1712mikoaisa-06.jpg




1712mikoaisa-05.jpg




1712mikoaisa-07.jpg




1712mikoaisa-10.jpg



似たような大きさのホオジロガモに連いて回っているようだった。

1712mikoaisa-15.jpg




1712mikoaisa-16.jpg




1712mikoaisa-17.jpg




1712mikoaisa-33.jpg

雁行

マガン。右の2羽はヒシクイ。

1712kamoike-10.jpg




1712kamoike-12.jpg



ヒシクイ。

1712kamoike-11.jpg



マガン、夕方の飛び立ち。

1712kamoike-02.jpg




1712kamoike-03.jpg




1712kamoike-04.jpg




1712kamoike-05.jpg




1712kamoike-06.jpg




1712kamoike-07.jpg




1712kamoike-08.jpg




1712kamoike-01.jpg




1712kamoike-09.jpg

ハヤブサの子 2

ずい分長い時間、電柱にとまっているハヤブサの子。
その様子は、ちゃんと自分で狩ができるのだろうかと心配になるくらい頼り無さげ。

1711hayabusa-11.jpg




1711hayabusa-10.jpg




1711hayabusa-09.jpg




1711hayabusa-12.jpg




1711hayabusa-13.jpg




1711hayabusa-14.jpg




1711hayabusa-15.jpg




1711hayabusa-16.jpg



その後、ここを縄張りにしているハシブトガラスに追われたハヤブサの子は、
50m先の別の電柱にとまったまま。やはりじっとしているだけだった。

1711hayabusa-18.jpg

ハヤブサの子 1

まだ若いハヤブサが電柱にとまっていた。まだほんの子どものよう。

1711hayabusa-01.jpg



足環が着けられている。

1711hayabusa-03.jpg




1711hayabusa-04.jpg




1711hayabusa-05.jpg




1711hayabusa-06.jpg




1711hayabusa-07.jpg




1711hayabusa-08.jpg



あまり警戒心が無さそうなかれの近くには、川の中州に集まった水鳥たち。

resize17488.jpg



ハヤブサを気にしている様子もないコガモ。

resize17493.jpg

オオタカ・トビ・・そして・・?

サギたちが渡って去ったコロニーの近く、夕刻の木立にオオタカがひっそりと止まっていた。

1711otaka-02.jpg




1711otaka-03.jpg




1711otaka-05.jpg




1711otaka-06.jpg




1711otaka-07.jpg




1711tobi-01.jpg



水田の畦に隠れるようにトビが座り込んでいた。 その傍らにハシボソガラスが・・。
日頃よく喧嘩しているかれらだが、何だか仲良さそう。
具合が少し悪いトビをカラスが気遣っているようにも見える。
遠目でボソと思ったが、嘴が白っぽく光る。 ・・・ミヤマガラスかもしれない。

1711tobi-02.jpg




1711tobi-03.jpg




1711tobi-04.jpg




1711tobi-05.jpg

カワアイサ・晩秋 2

換羽中のカワアイサ♂。

1711aisa-12.jpg




1711aisa-13.jpg




1711aisa-14.jpg




1711aisa-15.jpg




1711aisa-16.jpg




1711aisa-18.jpg




1711aisa-19.jpg




1711aisa-20.jpg




1711aisa-21.jpg

カワアイサ・晩秋 1

冬に向かう川に少しづつ増えてきたカワアイサ。
今季も♀が多いが、換羽中のエクリプス♂もいる。

1711aisa-01.jpg




1711aisa-02.jpg




1711aisa-03.jpg




1711aisa-04.jpg




1711aisa-06.jpg




1711aisa-07.jpg




1711aisa-08.jpg




1711aisa-09.jpg




1711aisa-10.jpg




1711aisa-11.jpg

カワアイサ・秋

コロニーのサギたちの大半が渡って、コサギやダイサギが主になった水辺に
カワアイサが現れた。
北から戻って来たばかりか、それとも近くで越夏していた子たちか?

1710aisa-02.jpg




1710aisa-01.jpg




1710aisa-03.jpg




1710aisa-04.jpg




1710aisa-05.jpg




1710aisa-06.jpg




1710aisa-07.jpg




1710aisa-08.jpg




1710aisa-09.jpg




1710aisa-10.jpg

カワアイサ・越夏

カワアイサは冬の水鳥だけれど、サギコロニーの水辺で越夏する一群がいた。

1706aisa-06.jpg




1706aisa-07.jpg




1706aisa-03.jpg




1706aisa-01.jpg



さすがに暑そう。

1706aisa-02.jpg




1706aisa-04.jpg




1706aisa-08.jpg




1706aisa-09.jpg

雪すずめ 4

地上にはまだまだ雪が深く残っているが、樹上や屋根の雪は一旦消えた。

resize17344.jpg



やれやれと、一息つけて、うとうとしている様子。

resize17343.jpg



納屋の屋根でくつろぐ。

resize17348.jpg




resize17349.jpg




resize17350.jpg




resize17358.jpg




resize17360.jpg




resize17361.jpg




resize17364.jpg




resize17351.jpg

頑張って大雪を乗り越えたスズメたち。しかしこの後すぐに、大寒気団が日本列島を襲ったのだった。

雪すずめ 3

大雪の後、久々の日差しが挿す屋根の上で。

resize17322.jpg




resize17323.jpg




resize17330.jpg




resize17331.jpg




resize17332.jpg




resize17333.jpg




resize17336.jpg




resize17337.jpg




resize17338.jpg




resize17340.jpg

雪すずめ 2

四方から吹き付けるように降りしきる雪の中、
雪に埋もれるように屋根に集まったスズメたち。
 
resize17314.jpg




resize17316.jpg




ヒヨも雪の中。

resize17320.jpg




resize17307.jpg




resize17308.jpg





翌日は晴。久しぶりに青空がのぞいた。60cm以上積もった雪はそのまま。

resize17328.jpg




resize17326.jpg




resize17327.jpg




resize17335.jpg




resize17324.jpg

プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・