海辺にて

越後七浦

kakuta-02.jpg




kakuta-03.jpg




kakuta-04.jpg




kakuta-01.jpg




kakuta-05.jpg




羽咋市 滝港

taki-02.jpg




taki-01.jpg




taki-04.jpg




taki-03.jpg




taki-06.jpg




taki-05.jpg

湖畔にて

阿賀野市 瓢湖

hyouko-01.jpg




hyouko-02.jpg




hyouko-03.jpg




新潟市 佐潟

sagata-04.jpg




sagata-01.jpg




sagata-05.jpg




sagata-02.jpg




sagata-07.jpg




sagata-06.jpg




sagata-03.jpg




sagata-08.jpg

イソヒヨドリ

角田山の海側の山麓、越前七浦にて。

k-isohiyo-11.jpg




k-isohiyo-12.jpg




k-isohiyo-13.jpg




k-isohiyo-02.jpg




k-isohiyo-03.jpg




k-isohiyo-10.jpg




何かくわえた♀。巣材にする乾燥した海草だろうか。

k-isohiyo-04.jpg




k-isohiyo-05.jpg




k-isohiyo-06.jpg




k-isohiyo-07.jpg




k-isohiyo-08.jpg




k-isohiyo-09.jpg




岩場の海岸の方々で、綺麗な囀りを聞かせてくれたイソヒヨドリ。
灯台の近くの電柱にもとまっていた。

k-isohiyo-14.jpg




ハヤブサも近くにいた。イソヒヨ君たちを狙っていたのだろうか。

hayabusa-02.jpg

瓢湖 セイタカシギ

ひょろ長い脚のセイタカシギは、何と不思議なプロポーション。

h-seitaka-02.jpg



h-seitaka-01.jpg




h-seitaka-03.jpg




h-seitaka-04.jpg




h-seitaka-08.jpg




h-seitaka-07.jpg




h-seitaka-05.jpg




h-seitaka-06.jpg




h-seitaka-09.jpg




h-seitaka-10.jpg




h-seitaka-11.jpg




h-seitaka-12.jpg




h-seitaka-13.jpg




h-seitaka-14.jpg

瓢湖 ツルシギ

人工島のひとつから群で飛び立って、湖の上を旋回し、別の人工島に降り立ったのはツルシギ。
みな同じ方向を向いて羽繕いしたり休んだり。

h-turusigi-01.jpg




h-turusigi-02.jpg




h-turusigi-06.jpg




h-turusigi-04.jpg




h-turusigi-05.jpg



日没迫る2時間後、ツルシギたちはやはり同じ所に同じ格好をしてとまっていた。

h-turusigi-07.jpg




h-turusigi-08.jpg




h-turusigi-09.jpg




h-turusigi-11.jpg



湖に戻ってきたダイサギが、その数をいつの間にか増やしていた。

h-turusigi-12.jpg

瓢湖 マガモ アオクビアヒル

瓢湖では少数派のマガモ。それでも他の水鳥たちに混じっていると、頭の緑色がとても目立つ。

h-magamo-06.jpg
 



h-magamo-01.jpg




h-magamo-02.jpg




h-magamo-04.jpg




h-magamo-05.jpg




身体が異様に長い水鳥がいた。

h-aokubi-08.jpg
  



h-aokubi-07.jpg




頭部分はマガモそのもの。

h-aokubi-01.jpg




h-aokubi-02.jpg



後で調べると、マガモから家禽化したアヒルの一種、アオクビアヒルのようである。

h-aokubi-04.jpg




彼のお気に入りらしい場所の近くに、白いアヒルもいた。

h-aokubi-06.jpg

瓢湖 コハクチョウ 2

h-hakutyou-01.jpg




h-hakutyou-02.jpg




h-hakutyou-03.jpg




h-hakutyou-05.jpg




コハクチョウはやはりコハクチョウ。どんなポーズをしても優雅さが漂う。

h-hakutyou-04.jpg




h-hakutyou-06.jpg




h-hakutyou-07.jpg




h-hakutyou-08.jpg




h-hakutyou-09.jpg

瓢湖 コハクチョウ 1

瓢湖と言えば、名だたる白鳥の越冬地。
四月の末にもまだ残っていたコハクチョウ6羽。居心地が良いので、居着いてしまったのだろうか。

h-hakutyou-10.jpg




h-hakutyou-11.jpg




h-hakutyou-21.jpg




h-hakutyou-22.jpg




h-hakutyou-20.jpg



オカヨシガモと一緒に。

h-hakutyou-23.jpg




h-hakutyou-15.jpg




h-hakutyou-16.jpg




h-hakutyou-18.jpg




h-hakutyou-17.jpg




h-hakutyou-12.jpg




h-hakutyou-14.jpg




h-hakutyou-13.jpg




h-hakutyou-19.jpg

瓢湖 ハシビロガモ

hasibiro-03.jpg




hasibiro-01.jpg




hasibiro-09.jpg




hasibiro-10.jpg




「ボクのクチバシ、素敵でしょ。」

hasibiro-11.jpg




hasibiro-08.jpg




hasibiro-06.jpg




hasibiro-07.jpg




hasibiro-04.jpg




hasibiro-02.jpg

プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・