秋の透明な光

秋の始まりは、日中の暑さの中でも透んでいく光に感じられる。

akihi-07.jpg



その光を湛えて果実は甘くなる。

akihi-08.jpg




akihi-02.jpg




akihi-01.jpg




akihi-03.jpg




akihi-04.jpg




akihi-06.jpg



風が冷たくなると、日向のぬくもりが嬉しい。

akihi-05.jpg

トビの若鳥

秋の入口にも、しばしばまだ真夏のような暑い日がある。
1羽のトビの若鳥が、炎天下の電柱にとまってぼんやりしていた。その顔はまだあどけない。

tobiko-01.jpg




tobiko-07.jpg




tobiko-06.jpg




tobiko-02.jpg




tobiko-03.jpg




tobiko-04.jpg




tobiko-05.jpg

カルガモとキジの幼鳥

夏の終わり、巣立った幼鳥たちが方々で見られるようになる。
石の上に固まって親鳥を待っているカルガモのヒナたち。

karuko-01.jpg




karuko-02.jpg



親鳥が戻ってきて、こどもたちは安心して泳ぎ始めた。

karuko-03.jpg



草叢からわらわらと出てきたのは、キジの幼鳥。こどもたちだけで散歩をしているようだった。

kijiko-01.jpg




kijiko-02.jpg




kijiko-03.jpg




kijiko-04.jpg




kijiko-05.jpg




kijiko-06.jpg

プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・