雪の福島潟

新潟市の福島潟は、国内有数のオオヒシクイ越冬地。
日中、付近の田で採餌するオオヒシクイの姿が見られる。

fukuyuki-01.jpg




fukuyuki-12.jpg



潟越しに望む「水の駅ビュー福島潟」。

fukuyuki-02.jpg



建物内部の福島潟の自然に関する資料展示には、実物大のオオヒシクイ像もある。

fukuyuki-11.jpg



降りしきる雪の中のダイサギ。

fukuyuki-05.jpg




fukuyuki-03.jpg




fukuyuki-09.jpg




fukuyuki-08.jpg



枯れ木で休むカワウたち。

fukuyuki-04.jpg




fukuyuki-07.jpg



鳥たちが好むというハンノキとその実。

fukuyuki-10.jpg

街の灯 2 みぞれ降る

鈴木大拙館にて。

daisetu-04.jpg




daisetu-09.jpg




daisetu-08.jpg




daisetu-07.jpg




daisetu-06.jpg




daisetu-01.jpg




daisetu-10.jpg




daisetu-11.jpg




daisetu-13.jpg




21世紀美術館にて。

21bi-01.jpg




21bi-02.jpg




21bi-03.jpg

街の灯 1 晩秋の夕

東山茶屋街で。

matihi-01.jpg




matihi-02.jpg




matihi-04.jpg




matihi-03.jpg


11月半ばの気の早いイリュミネーション。

matihi-05.jpg




matihi-07.jpg




matihi-08.jpg




matihi-11.jpg




matihi-12.jpg




matihi-09.jpg

柿とツグミ

柿の実が色づく頃盛んに来ていたムクドリに代わって、熟柿をツグミが食べに来るようになった。

muku12-01.jpg




tugumi12-08.jpg




tugumi12-01.jpg




tugumi12-02.jpg




tugumi12-03.jpg




tugumi12-04.jpg




tugumi12-05.jpg




tugumi12-06.jpg



周囲のスズメが食べる順番待ち。

tugumi12-07.jpg




tugumi12-09.jpg




tugumi12-10.jpg

群れる

秋の終わり頃、民家の屋根、電線、公園の木立で鳥たちが群れているのを、よく見かける。
あちらこちらの屋根や電柱を行き来して、騒いでいるのはムクドリ。

mure12-01.jpg




mure12-08.jpg



川岸の木に群でとまるカワラヒワ。

mure12-07.jpg




mure12-04.jpg




mure12-05.jpg




同じ木の下の方にシメもいる。

mure12-14.jpg



カシラダカたち。

mure12-02.jpg




mure12-03.jpg




電柱にはスズメの集団。何か会議をしている模様。

mure12-09.jpg




mure12-10.jpg




mure12-11.jpg




mure12-13.jpg

晩秋の鳥たち

ルリビタキ♀。

akitori12-01.jpg




akitori12-06.jpg



コサギとカワウ。

akitori12-07.jpg



ダイサギとコサギ。サギたちが集まるところに、チュウサギの姿はもうない。

akitori12-08.jpg




akitori12-02.jpg



帰ってきた冬鳥たち。 上から、ホシハジロ、マガモ、ホシハジロ♀?、セグロカモメ。

akitori12-03.jpg




akitori12-04.jpg




akitori12-05.jpg




akitori12-11.jpg




晩秋のキジバト。

akitori12-13.jpg



シメ。

akitori12-14.jpg




カシラダカ。

akitori12-10.jpg
プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・