ゴイサギの巣立ちビナ

1607goihina-03.jpg




1607goihina-01.jpg




1607goihina-05.jpg




1607goihina-06.jpg



巣立ったゴイサギのヒナは、始めは巣の近くを動き回り、次第に木の高い所まで登るようになる。

1607goihina-07.jpg



飛べるようになるまで、まだ何日も要する。

1607goihina-04.jpg


羽ばたき練習。

1607goihina-09.jpg




1607goihina-10.jpg

ゴイサギのヒナ巣立ち

1606goihina-03.jpg




1606goihina-09.jpg




1606goihina-01.jpg



ヒナが少し大きくなると、ゴイサギは巣にヒナだけを残し餌取りに出かけることが多くなる。
残されたヒナは、巣の上を活発に動き回り、やがて近くの枝に登り始める。
両足先が巣から離れる“巣立ち”である。

1606goihina-08.jpg




1606goihina-05.jpg




1606goihina-06.jpg




1606goihina-02.jpg




1607goihina-02.jpg

通常、巣と巣の中のヒナは公表しないのが原則ですが、サギのコロニー保護活動の一環として、
サギの繁殖過程の記録を載せています。

夏の川辺の草花

夏の草刈前の川原。

1606kawahana-09.jpg





1606kawahana-06.jpg





1606kawahana-10.jpg





1606kawahana-04.jpg





1606kawahana-08.jpg





1606kawahana-07.jpg





1606kawahana-02.jpg





1606kawahana-03.jpg




少雨で渇水気味の川に、河岸の小さな花壇の薔薇の色だけが映えていた。

1606kawahana-11.jpg

タチアオイ

タチアオイは夏を告げる花。
今年は暑くなったのが早く、タチアオイの季節も早く過ぎた。

1606tatiaoi-03.jpg




1606tatiaoi-02.jpg




1606tatiaoi-06.jpg




1606tatiaoi-05.jpg




1606tatiaoi-04.jpg




1606tatiaoi-08.jpg





1606tatiaoi-07.jpg

カルガモ一家 2

川原でヒナを連れたカルガモに会うのは、たいてい天気が悪い日か薄暗くなった夕方である。
6月末、河岸の遊歩道脇の草むらで食事しているカルガモ一家に出会った。
先に進みたいのだが、かれらの食事が終わるまで待たされることとなった。

1606karuhina2-01.jpg




1606karuhina2-02.jpg




遊歩道を横切って川の方へ。

1606karuhina2-03.jpg




1606karuhina2-05.jpg



親鳥はまだ草に未練があるようで、引き返そうとする。

1606karuhina2-06.jpg



いったん川に降りかけたヒナたちも引き返し、親鳥を追ってまた遊歩道を横切る。

1606karuhina2-07.jpg



行ったり来たりでちょっとくたびれた。

1606karuhina2-08.jpg




3週間後、同じ場所で。すっかり大きくなったヒナたち。

1607karuhina2-02.jpg





1607karuhina2-01.jpg



更に2日後。ヒナだけで歩いていた。

1607karuhina2-04.jpg

カルガモ一家 1

1605karuhina-04.jpg




1605karuhina-02.jpg




1605karuhina-03.jpg




1605karuhina-05.jpg




1605karuhina-01.jpg




1606karuhina-05.jpg




1606karuhina-06.jpg



子沢山の一家。

1606karuhina-01.jpg




1606karuhina-02.jpg



7月、大きくなったヒナたち。

1607karuhina-02.jpg

ササゴイ 1

ササゴイが今年も川にやって来た。

1604sasa-01.jpg




1605sasa-01.jpg




1605sasa-02.jpg




1605sasa-03.jpg




1605sasa-04.jpg




1606sasa-04.jpg



脚が赤いのは婚姻色。

1606sasa-01.jpg




1606sasa-02.jpg




1606sasa-03.jpg

6月の白い花

真夏のような陽光が灼き付ける道端に、白い花がまとまって咲いていた。
まるで誰かがアレンジメントしたように。
       
        1606sirohana-01.jpg




1606sirohana-03.jpg




1606sirohana-04.jpg



涼を醸すヤマボウシの花邑。

1606sirohana-07.jpg




1606sirohana-05.jpg




1606sirohana-06.jpg




1606sirohana-09.jpg



ヒヨドリ、緑陰で。

1606hiyo-01.jpg




1606hiyo-02.jpg




1606hiyo-04.jpg

紫陽花の色

梅雨時期になっても雨が降らない。照りつける強い日差しの中、
それでも紫陽花は木陰でその涼やかな色を解く。

1606ajisai-01.jpg




1606ajisai-03.jpg




1606ajisai-04.jpg




1606ajisai-05.jpg




1606ajisai-06.jpg




1606ajisai-07.jpg




1606ajisai-08.jpg




1606ajisai-09.jpg




1606ajisai-10.jpg




1606ajisai-11.jpg

プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・