春の河岸

夕暮れのオナガ。

1604onaga-03.jpg




1604onaga-02.jpg




1604onaga-01.jpg




1604onaga-05.jpg




1604onaga-04.jpg



河川敷の芝にはムクドリが増えてきた。

1604muku-03.jpg




1604muku-02.jpg




1604muku-05.jpg




1604muku-04.jpg

アオジたちの春

冬枯れの河岸の叢にひっそり隠れていたアオジは、5月初めまで残っていた。

1604aoji-01.jpg




1604aoji-02.jpg




1604aoji-03.jpg




1604aoji-04.jpg




1604aoji-07.jpg



アオジとカシラダカ。

1604kasira-01.jpg



ホオジロと間違えやすいカシラダカ。お腹が白く、眉班も嘴上部まで届かない。

1604kasira-02.jpg



ホオジロはお腹に赤味がある。

1603hojiro-01.jpg




1604hojiro-01.jpg

ハチジョウツグミ

雪が少し残る3月の河岸で出会ったハチジョウツグミ。

1602-04hatijyou-1.jpg





1602-04hatijyou-03.jpg





1602-04hatijyou-2.jpg




春の森で出会ったハチジョウツグミ。光線の具合もあるが、こちらは色が薄め。

1602-04hatijyou-06.jpg





1602-04hatijyou-07.jpg





1602-04hatijyou-08.jpg





1602-04hatijyou-09.jpg





1602-04hatijyou-10.jpg





1602-04hatijyou-11.jpg

ノビタキ

オオジュリンのピークが過ぎた頃、同じ叢にノビタキが現れるようになった。

1604nobi-07.jpg





1604nobi-06.jpg




1604nobi-12.jpg




1604nobi-02.jpg




1604nobi-01.jpg




1604nobi-05.jpg




1604nobi-09.jpg




1604nobi-10.jpg




1604nobi-11.jpg

春の叢のオオジュリン

春の一時期、河岸の叢ではオオジュリンの姿がよく見られた。

1603ojyurin-09.jpg




1603ojyurin-11.jpg




1603ojyurin-05.jpg





1603ojyurin-06.jpg




1603ojyurin-07.jpg




1603ojyurin-01.jpg




1603ojyurin-03.jpg




1603ojyurin-04.jpg




1603ojyurin-02.jpg



一番右はホオジロ。

1603ojyurin-10.jpg

春湖畔の鳥たち

1603kibatori-01.jpg




1603kibatori-02.jpg




1603kibatori-06.jpg




1603kibatori-03.jpg




1603kibatori-11.jpg




1603kibatori-10.jpg




1603kibatori-12.jpg




湖畔の一角で飼われているヨーロッパガチョウ。ハイイロガンが家禽化したもの。

1603kibatori-15.jpg



ヨーロッパガチョウの住処は、他の水鳥たちにも憩いの場になっていた。

1603kibatori-13.jpg

オナガ 2

電線にとまっていた若いオナガたち。右の子が特に幼鳥っぽい。

15-16onaga-03.jpg




15-16onaga-06.jpg




15-16onaga-07.jpg




15-16onaga-08.jpg




15-16onaga-09.jpg




15-16onaga-05.jpg




15-16onaga-04.jpg

オナガ 1

冬枯れの河岸のオナガたち。

15-16onaga-01.jpg




15-16onaga-02.jpg




15-16onaga-13.jpg




15-16onaga-10.jpg




15-16onaga-11.jpg




15-16onaga-12.jpg

オオタカ

サギが飛び立った後の早朝の木立に、何とオオタカがとまっていた!

1509otaka-02.jpg




1509otaka-01.jpg




1509otaka-03.jpg




1509otaka-04.jpg




1509otaka-06.jpg




1509otaka-05.jpg

カルガモ親子

ヒナがまだ小さいうちは、川の横断も素早く、なるべく目立たぬように草に隠れている。

1506karu-07.jpg




1506karu-01.jpg




1506karu-02.jpg




1506karu-03.jpg



こちらは11羽のヒナ連れ。

1506karu-04.jpg




1506karu-06.jpg



残念ながら、ヒナはいつの間にか5羽だけになってしまった。

1506karu-08.jpg




1506karu-09.jpg


夏の川辺の幼鳥たち

カワラヒワとその幼鳥。

1507kawarahiwa-04.jpg




1507kawarahiwa-02.jpg




1507kawarahiwa-03.jpg




1507kawarahiwa-01.jpg



ハクセキレイ幼鳥。

1507sekirei-01.jpg




1507sekirei-02.jpg




1507sekirei-03.jpg

コムクドリ

1505komuku-08.jpg




1505komuku-07.jpg




1505komuku-05.jpg




1505komuku-04.jpg




1505komuku-03.jpg



コムクドリ親子。

1505komuku-01.jpg




1505komuku-02.jpg




1505komuku-09.jpg

新緑透ける

キビタキ。

1505kibi.jpg



オオルリ♂、♀。

1505oruri-01.jpg




1505oruri-02.jpg



コサメビタキ。

1505kosame.jpg



何故か嘴に黒班のあるカワラヒワ。

1505kawarahiwa-01.jpg



セグロセキレイ幼鳥。

1505segurosekiko.jpg



葦原のオオヨシキリ。
 
1505oyosikiri-03.jpg




1505oyosikiri-02.jpg




1505oyosikiri-01.jpg

ツルシギ

15turusigi-01.jpg



色の薄いのは、若鳥らしい。

15turusigi-03.jpg




15turusigi-06.jpg




15turusigi-07.jpg




15turusigi-04.jpg




15turusigi-05.jpg




15turusigi-08.jpg




15turusigi-09.jpg

冬のヒタキと夏のヒタキ

桜の頃まで残っているジョウビタキ。

1504jyoubi-02.jpg




1504jyoubi-01.jpg



ジョウビタキのきれいなオレンジ色がまだ見られる頃、河岸に夏鳥ノビタキが現れる。

1504nobi-04.jpg




1504nobi-05.jpg



ノビタキの♀。ヒタキ類の♀は地味だがとても愛らしい。

1504nobi-06.jpg




1504nobi-07.jpg




1504nobi-03.jpg




1504nobi-02.jpg




1504nobi-01.jpg

早春の川辺・小さな新芽

早春の河岸の叢では、小鳥たちが芽吹いたばかりの小さな緑を楽しんでいる。
アオジ、モズ、カイツブリ。

1504kawabe-04.jpg




1504kawabe-06.jpg




1504kawabe-05.jpg




オオジュリンもタチヤナギの新芽にうっとりした様子。

1504ojyurin-10.jpg




1504ojyurin-11.jpg




1504ojyurin-12.jpg



でもやはり、葦の皮をむしって虫を食べるのがお気に入り。

1504ojyurin-14.jpg




1504ojyurin-13.jpg

オオジュリン

春浅い川辺にオオジュリンの姿を見つけると、新しい季節の到来を感じる。

1504ojyurin-01.jpg




1504ojyurin-02.jpg




1504ojyurin-03.jpg




1504ojyurin-04.jpg




1504ojyurin-05.jpg




1504ojyurin-08.jpg




1504ojyurin-07.jpg




1504ojyurin-06.jpg

ヒレンジャク・キレンジャク

今年も早春の森にやって来たレンジャクの群。ヒレンジャクに少数のキレンジャクが混じる。

1503hirennjyaku-01.jpg




1503hirennjyaku-02.jpg




1503hirennjyaku-03.jpg




1503hirennjyaku-04.jpg




1503hirennjyaku-05.jpg




1503hirennjyaku-06.jpg




1503kirennjyaku-01.jpg




1503kirennjyaku-02.jpg

晩秋の野の鳥

ホオアカ

1411hoaka-02.jpg




1411hoaka-01.jpg



オオタカ

1411otaka.jpg



マミチャジナイ

1411mamitya.jpg



モズ

1412mozu-02.jpg




1412mozu-01.jpg



ホオジロ

1411hojiro.jpg




1412hojiro-01.jpg

夏の終わりの鳥たち

まだ若いカルガモ。

14natukaru-01.jpg




14natukaru-02.jpg




14natukaru-03.jpg




14akikogera.jpg




14natukawara-01.jpg




14natumozu-01.jpg



この春生まれか。スズメ幼鳥。

14natusuzume-01.jpg




14natutobi-02.jpg




14natutobi-01.jpg

初夏の森

初夏の森では、まだ残っている冬鳥、この季節通過する鳥、飛来した夏鳥が、同時に会している。
冬のアカハラ。

14akahara-01.jpg



夏のクロツグミ。

14kurotu-01.jpg



コサメビタキ。

14kosame.jpg



コムクドリ。

14komuku-01.jpg


キビタキ。

14kibi-01.jpg



センダイムシクイ。

14sendai-01.jpg




14sendai-03.jpg




14sendai-02.jpg

春の過客 2

日本に飛来する事が稀なミヤマホオジロ。あまり人を恐れず、五月の森のアイドルになっていた。

14miyamaho-09.jpg




14miyamaho-04.jpg




14miyamaho-05.jpg




14miyamaho-07.jpg




14miyamaho-01.jpg




14miyamaho-08.jpg




14miyamaho-11.jpg




14miyamaho-10.jpg


春の過客 1

春の森に素敵なトランジット客が来た。
群で移動しては、ころころと梢にとまるヒレンジャク。

14hirenjyaku-03.jpg



14hirenjyaku-01.jpg




14hirenjyaku-04.jpg




14hirenjyaku-02.jpg




14hirenjyaku-05.jpg



本当はヒレンジャクより数が多いというキレンジャクにも、やっと出会えた。

14kirenjyaku-01.jpg




14kirenjyaku-02.jpg




14kirenjyaku-03.jpg

ジョウビタキ・ノビタキ

同じヒタキ科でも、ジョウビタキは冬鳥、ノビタキは夏鳥。花の季節に同席している。

14jyobi-01.jpg



14jyobi-03.jpg



14jyobi-02.jpg




14jyobi-04.jpg




14jyobi-05.jpg



14nobi-01.jpg



14nobi-04.jpg



14nobi-03.jpg




14nobi-05.jpg




14nobi-06.jpg

早春の鳥 2

みぞれが雨に代わる頃、イカルの群がまだ固い木の芽を食べていた。

14sousyun-05.jpg



14sousyun-06.jpg




14sousyun-10.jpg




14sousyun-11.jpg


久しぶりの青空に、囀り始めたカワラヒワ。

14sousyun-12.jpg


ツグミはもうしばらく滞在しようと、のんびり日光浴。

14sousyun-13.jpg


膨らみかけた桜の蕾とイソヒヨドリ。

14sousyun-14.jpg

早春の鳥 1

この冬は総体的に雪が少なかったが、3月の後半になっても雪が積もった。
シロハラ。

14sousyun-09.jpg


アオジ。

14sousyun-08.jpg


ノスリ。

14sousyun-01.jpg


シメ。

14sousyun-07.jpg


カワラヒワの群。

14sousyun-03.jpg




14sousyun-02.jpg


アトリのようなポーズでとまるモズ。

14sousyun-04.jpg

プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・