ムクが集まる季節

夏にまだこんな幼い子が多かったムクドリ。
そんなムクドリが秋から冬にかけ、大集結するようになる。

16natumuku-01.jpg




16akimuku-12.jpg



大群で飛び回るムクドリ。

16akimuku-01.jpg




16akimuku-02.jpg




16akimuku-03.jpg




16akimuku-04.jpg




16akimuku-05.jpg




16akimuku-06.jpg

秋空・夕

沈む陽が、地平から上空に向かって投げかけた光 ― 光芒。

16akisorayu1-05.jpg




16akisorayu1-06.jpg



夕日から少し離れた所に現れた彩雲(右下方)。 ― 幻日。

16akisorayu1-13.jpg




16akisorayu1-11.jpg




16akisorayu1-14.jpg




16akisorayu1-04.jpg




16akisorayu1-03.jpg




16akisorayu1-01.jpg




16akisorayu1-02.jpg

スズメとキジバト

スズメ保育園のスズメたち。

1607suzume-06.jpg




1607suzume-07.jpg


親子?

1607suzume-09.jpg




1607suzume-08.jpg



シジュウカラの幼鳥が、合間をぬってヒマワリの種を食べに来る。
この日は虫か何かを捕まえたようだ。

1608tupi-01.jpg



スズメが集まるので、つられてキジバトまでやって来るようになった。
お隣の槙の木に3羽。上の枝の立派な成鳥はお父さんぽい。

1608kijibato-07.jpg



下の枝の2羽。

1608kijibato-06.jpg



左は子供だろうか?首の青線がまだ薄く、頭部に班がある。

1608kijibato-02.jpg




1608kijibato-04.jpg




1608kijibato-05.jpg

スズメの保育園

庭ではかって冬季だけの小鳥のレストランを開設していたが、シジュウカラがいつまでも砕いたクルミを
食べに来るので、1年中餌籠をひとつだけ残しておくようになった。
そのうちスズメもやって来て、籠からクルミや穀物を一粒持ち出してはお隣の木の上でヒナに食べさせている。

1607suzume-01.jpg




1607suzume-04.jpg




1607suzume-02.jpg




1607suzume-03.jpg



スズメの来訪は次第に頻繁になり、数も増え、しまいには巣立ちビナだらけになってしまった。
我が家のこの夏の庭は、まるでスズメの保育園のようである。
古い納屋の屋根で順番待ち。

1607suzume-10.jpg




1607suzume-11.jpg




1607suzume-05.jpg




1607suzume-13.jpg



お腹いっぱい?

1607suzume-12.jpg


タチアオイ

タチアオイは夏を告げる花。
今年は暑くなったのが早く、タチアオイの季節も早く過ぎた。

1606tatiaoi-03.jpg




1606tatiaoi-02.jpg




1606tatiaoi-06.jpg




1606tatiaoi-05.jpg




1606tatiaoi-04.jpg




1606tatiaoi-08.jpg





1606tatiaoi-07.jpg

カルガモ一家 2

川原でヒナを連れたカルガモに会うのは、たいてい天気が悪い日か薄暗くなった夕方である。
6月末、河岸の遊歩道脇の草むらで食事しているカルガモ一家に出会った。
先に進みたいのだが、かれらの食事が終わるまで待たされることとなった。

1606karuhina2-01.jpg




1606karuhina2-02.jpg




遊歩道を横切って川の方へ。

1606karuhina2-03.jpg




1606karuhina2-05.jpg



親鳥はまだ草に未練があるようで、引き返そうとする。

1606karuhina2-06.jpg



いったん川に降りかけたヒナたちも引き返し、親鳥を追ってまた遊歩道を横切る。

1606karuhina2-07.jpg



行ったり来たりでちょっとくたびれた。

1606karuhina2-08.jpg




3週間後、同じ場所で。すっかり大きくなったヒナたち。

1607karuhina2-02.jpg





1607karuhina2-01.jpg



更に2日後。ヒナだけで歩いていた。

1607karuhina2-04.jpg

カルガモ一家 1

1605karuhina-04.jpg




1605karuhina-02.jpg




1605karuhina-03.jpg




1605karuhina-05.jpg




1605karuhina-01.jpg




1606karuhina-05.jpg




1606karuhina-06.jpg



子沢山の一家。

1606karuhina-01.jpg




1606karuhina-02.jpg



7月、大きくなったヒナたち。

1607karuhina-02.jpg

セキレイと幼鳥 2

初夏めいてきた時期に出会ったキセキレイ。どことなく幼鳥っぽい。

1605kisekirei-01.jpg




1605kisekirei-02.jpg



6月に入って、別の場所で出会ったキセキレイ。

1606kisekirei-01.jpg




1606kisekirei-03.jpg




1606kisekirei-02.jpg



そのすぐ側に幼鳥が1羽。キセキレイではなくセグロセキレイの幼鳥だった。

1606haku-01.jpg




1606haku-02.jpg




1606haku-03.jpg




1606haku-04.jpg

セキレイと幼鳥 1

セグロセキレイ。

1605seguro-01.jpg



身近な鳥、セグロセキレイとハクセキレイだが、幼鳥を見かけると、いつもどちらか迷ってしまう。

1605seguro-05.jpg





1605seguro-03.jpg




1605seguro-04.jpg




1605seguro-06.jpg




1605seguro-07.jpg




1605seguro-08.jpg



こちらはハクセキレイ幼鳥。

1605haku-01.jpg




1605haku-02.jpg




1605haku-03.jpg

初夏の森

初夏の森で出会った鳥たち。アカハラ、カワラヒワ、ヒヨドリ・・。

1605akahara-03.jpg




1605akahara-01.jpg




1605kawarahiwa-01.jpg




1605hiyo-02.jpg




1605hiyo-01.jpg



水場のマミチャジナイ。

1605mamitya-01.jpg




1605mamitya-02.jpg




1605mamitya-03.jpg




1605mamitya-04.jpg



キビタキ♀・・・らしい。

1605kibi-03.jpg

バン 2

赤い嘴とまだ黄色い嘴のバンのカップル。いつの間にか2羽とも赤嘴になっていた。

1604ban-25.jpg




1604ban-15.jpg




1604ban-24.jpg




1604ban-14.jpg




1604ban-13.jpg




1604ban-12.jpg




1604ban-18.jpg




1604ban-06.jpg




1604ban-04.jpg




1604ban-02.jpg

バン 1

1羽きりで、いつも河岸の草むらに隠れていたバンの若鳥。
上流で掘削工事が行われた時は、警戒心も忘れて流れてくる枯草をついばむのに夢中だった。

1603ban-01.jpg




1603ban-02.jpg




1603ban-04.jpg




1603ban-08.jpg




1603ban-09.jpg




1603ban-15.jpg




1603ban-11.jpg




1603ban-17.jpg




1603ban-10.jpg



よく他の水鳥に付いて回っていたが、冬の水鳥が去って、また一人ぼっちになってしまった。

1604ban-01.jpg

オオバン

           また季節を少し遡ります。

古い図鑑では、オオバンは冬鳥にされていたそうである。現在は、本州では留鳥となっている。
春先まで川に群でいたが、いつの間にか滅多に見かけなくなってしまった。南に移動したらしい。

1604oban-10.jpg




1604oban-14.jpg




1604oban-15.jpg




1604oban-13.jpg




1604oban-12.jpg




1604oban-07.jpg




1604oban-06.jpg




1604oban-01.jpg



一人ぼっちのバン若鳥と。

1604ban-23.jpg




1604ban-10.jpg

春の河岸

夕暮れのオナガ。

1604onaga-03.jpg




1604onaga-02.jpg




1604onaga-01.jpg




1604onaga-05.jpg




1604onaga-04.jpg



河川敷の芝にはムクドリが増えてきた。

1604muku-03.jpg




1604muku-02.jpg




1604muku-05.jpg




1604muku-04.jpg

アオジたちの春

冬枯れの河岸の叢にひっそり隠れていたアオジは、5月初めまで残っていた。

1604aoji-01.jpg




1604aoji-02.jpg




1604aoji-03.jpg




1604aoji-04.jpg




1604aoji-07.jpg



アオジとカシラダカ。

1604kasira-01.jpg



ホオジロと間違えやすいカシラダカ。お腹が白く、眉班も嘴上部まで届かない。

1604kasira-02.jpg



ホオジロはお腹に赤味がある。

1603hojiro-01.jpg




1604hojiro-01.jpg

ハチジョウツグミ

雪が少し残る3月の河岸で出会ったハチジョウツグミ。

1602-04hatijyou-1.jpg





1602-04hatijyou-03.jpg





1602-04hatijyou-2.jpg




春の森で出会ったハチジョウツグミ。光線の具合もあるが、こちらは色が薄め。

1602-04hatijyou-06.jpg





1602-04hatijyou-07.jpg





1602-04hatijyou-08.jpg





1602-04hatijyou-09.jpg





1602-04hatijyou-10.jpg





1602-04hatijyou-11.jpg

ノビタキ

オオジュリンのピークが過ぎた頃、同じ叢にノビタキが現れるようになった。

1604nobi-07.jpg





1604nobi-06.jpg




1604nobi-12.jpg




1604nobi-02.jpg




1604nobi-01.jpg




1604nobi-05.jpg




1604nobi-09.jpg




1604nobi-10.jpg




1604nobi-11.jpg

春の叢のオオジュリン

春の一時期、河岸の叢ではオオジュリンの姿がよく見られた。

1603ojyurin-09.jpg




1603ojyurin-11.jpg




1603ojyurin-05.jpg





1603ojyurin-06.jpg




1603ojyurin-07.jpg




1603ojyurin-01.jpg




1603ojyurin-03.jpg




1603ojyurin-04.jpg




1603ojyurin-02.jpg



一番右はホオジロ。

1603ojyurin-10.jpg

春湖畔の鳥たち

1603kibatori-01.jpg




1603kibatori-02.jpg




1603kibatori-06.jpg




1603kibatori-03.jpg




1603kibatori-11.jpg




1603kibatori-10.jpg




1603kibatori-12.jpg




湖畔の一角で飼われているヨーロッパガチョウ。ハイイロガンが家禽化したもの。

1603kibatori-15.jpg



ヨーロッパガチョウの住処は、他の水鳥たちにも憩いの場になっていた。

1603kibatori-13.jpg

オナガ 2

電線にとまっていた若いオナガたち。右の子が特に幼鳥っぽい。

15-16onaga-03.jpg




15-16onaga-06.jpg




15-16onaga-07.jpg




15-16onaga-08.jpg




15-16onaga-09.jpg




15-16onaga-05.jpg




15-16onaga-04.jpg

オナガ 1

冬枯れの河岸のオナガたち。

15-16onaga-01.jpg




15-16onaga-02.jpg




15-16onaga-13.jpg




15-16onaga-10.jpg




15-16onaga-11.jpg




15-16onaga-12.jpg

オオタカ

サギが飛び立った後の早朝の木立に、何とオオタカがとまっていた!

1509otaka-02.jpg




1509otaka-01.jpg




1509otaka-03.jpg




1509otaka-04.jpg




1509otaka-06.jpg




1509otaka-05.jpg

カルガモ親子

ヒナがまだ小さいうちは、川の横断も素早く、なるべく目立たぬように草に隠れている。

1506karu-07.jpg




1506karu-01.jpg




1506karu-02.jpg




1506karu-03.jpg



こちらは11羽のヒナ連れ。

1506karu-04.jpg




1506karu-06.jpg



残念ながら、ヒナはいつの間にか5羽だけになってしまった。

1506karu-08.jpg




1506karu-09.jpg


夏の川辺の幼鳥たち

カワラヒワとその幼鳥。

1507kawarahiwa-04.jpg




1507kawarahiwa-02.jpg




1507kawarahiwa-03.jpg




1507kawarahiwa-01.jpg



ハクセキレイ幼鳥。

1507sekirei-01.jpg




1507sekirei-02.jpg




1507sekirei-03.jpg

コムクドリ

1505komuku-08.jpg




1505komuku-07.jpg




1505komuku-05.jpg




1505komuku-04.jpg




1505komuku-03.jpg



コムクドリ親子。

1505komuku-01.jpg




1505komuku-02.jpg




1505komuku-09.jpg

新緑透ける

キビタキ。

1505kibi.jpg



オオルリ♂、♀。

1505oruri-01.jpg




1505oruri-02.jpg



コサメビタキ。

1505kosame.jpg



何故か嘴に黒班のあるカワラヒワ。

1505kawarahiwa-01.jpg



セグロセキレイ幼鳥。

1505segurosekiko.jpg



葦原のオオヨシキリ。
 
1505oyosikiri-03.jpg




1505oyosikiri-02.jpg




1505oyosikiri-01.jpg

ツルシギ

15turusigi-01.jpg



色の薄いのは、若鳥らしい。

15turusigi-03.jpg




15turusigi-06.jpg




15turusigi-07.jpg




15turusigi-04.jpg




15turusigi-05.jpg




15turusigi-08.jpg




15turusigi-09.jpg

冬のヒタキと夏のヒタキ

桜の頃まで残っているジョウビタキ。

1504jyoubi-02.jpg




1504jyoubi-01.jpg



ジョウビタキのきれいなオレンジ色がまだ見られる頃、河岸に夏鳥ノビタキが現れる。

1504nobi-04.jpg




1504nobi-05.jpg



ノビタキの♀。ヒタキ類の♀は地味だがとても愛らしい。

1504nobi-06.jpg




1504nobi-07.jpg




1504nobi-03.jpg




1504nobi-02.jpg




1504nobi-01.jpg

早春の川辺・小さな新芽

早春の河岸の叢では、小鳥たちが芽吹いたばかりの小さな緑を楽しんでいる。
アオジ、モズ、カイツブリ。

1504kawabe-04.jpg




1504kawabe-06.jpg




1504kawabe-05.jpg




オオジュリンもタチヤナギの新芽にうっとりした様子。

1504ojyurin-10.jpg




1504ojyurin-11.jpg




1504ojyurin-12.jpg



でもやはり、葦の皮をむしって虫を食べるのがお気に入り。

1504ojyurin-14.jpg




1504ojyurin-13.jpg

プロフィール

runa

Author:runa
金沢市在住の美術家

主に超望遠コンデジによる撮影です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
・・・・・